債務整理は弁護士、
司法書士に相談

債務整理で任意整理した…賃貸で暮らせる?

任意整理のデメリットとしてしばしばいわれているのが、信用情報に事故情報が登録されてしまうことです。事故情報が掲載されると、まずカードやローンの審査には落とされます。賃貸物件でも入居審査が行われるので、そこで引っかかってしまうのではないかと思っている人も多いです。しかし、債務整理をしたことが理由で入居審査に落とされることはまずないと思います。

そもそも個人信用情報機関で信用情報の照会のできるのは、貸金業者や金融機関など一部に限られます。大家さんや不動産会社が皆さんの信用情報をチェックすることはできないのです。その他の入居基準を満たしていれば、任意整理をした直後でも賃貸契約を結ぶことは可能です。

賃貸契約は通常2年間となっていて、契約満了が近づくと、引き続きその部屋で暮らしたいというのであれば契約を更新します。任意整理をしてしまうと契約更新できないかもしれないと思っている人も多いです。しかし任意整理をしただけで、契約の更新を拒否されることはないです。これも入居審査と同様、そもそも債務整理情報を大家さんや不動産会社は入手できないからです。

ただし更新を拒否されるケースは時折見られます。それは家賃の支払いをクレジットカード決済にしている場合です。任意整理でカード支払いも整理対象にしてしまうと、クレジット決済ができなくなります。また銀行口座からの自動引き落としにしていて、その銀行のカードローンを整理対象にしてしまうと口座凍結してしまいます。そうなれば、家賃滞納になってしまって、滞納を理由に退去を求められる可能性も考えられます。

また入居をするにあたって、保証会社を利用する人もいるでしょう。保証会社の中には、カード会社が担っているケースも多いです。もし任意整理をした対象にカード会社が含まれていると、保証会社がNGを出して入居できないケースもあるかもしれません。将来のリスクも考えて任意整理では、どこを債務整理の対象にするか、慎重に検討した方が良いと思います。