債務整理は弁護士、
司法書士に相談

任意整理で新たに借金返済。それで延滞したら?

任意整理は、利息ゼロにしてもらって残債を返済する債務整理の制度になります。ですから債務整理をした後でも、引き続き残債の返済をしていかないといけません。きちんと期日通りに返済をしていけば、別に問題はないです。ところが何らかのアクシデントによって、当初想定されていた返済ができなくなるということもあるかもしれません。

任意整理を行っている人にとって困るのは、前に交わされた和解が白紙になってしまうことではありませんか?和解をしたときに債務者側と債権者側とで、和解契約書という書類を作成します。その中で返済を延滞した場合の対処に関しても記載されています。一般的には、2回返済を滞納した、延滞額が月々の返済2回分以上になった時と規定されていることが多いです。この時、期限の利益を喪失すると書かれていると思います。期限の利益の喪失といわれてもピンと来ないかもしれません。簡単に言うと、今まで月々の分割払いが認められていたけれども、これからは一括で全額返済しなさいという意味です。

ただし2回以上滞納してしまっても、一括返済を求められないこともあります。そのためには、債務者側が債権者側に対して誠意を見せることです。返済期日までにお金を準備できないことが分かった時点で、速やかに債権者側に連絡を入れましょう。そしてなぜ返済できなくなるか、いつまでの返済できるかを説明しましょう。その事情によっては、支払いの猶予が認められることも考えられます。

緊急事態で一時的に返済できないのであれば、上で紹介した対策で大丈夫かもしれません。しかし、経済状況に変化が生じて、返済を続けることが難しくなるケースもあるでしょう。その場合、再び任意整理をするのは不可能ではないですがかなり厳しくなります。その場合には、その他の債務整理で問題を解決することになるでしょう。とにかく返済が厳しくなれば、代理人をお願いした弁護士や司法書士にまずは相談すると良いと思います。