債務整理は弁護士、
司法書士に相談

債務整理の任意整理から完済までの期間

任意整理では債務者側と債権者側が交渉をして、今後の返済計画に関する見直しを行わないといけません。そしてお互いの条件のすり合わせを行って、双方納得できれば和解契約書を交わします。ここで確かに債務整理もひと段落はしますが、決して借金問題がすべて解決したわけではありません。新しく作り直した返済計画に基づき、返済を続けていく必要があります。

もし過払い金が利息の引き直し計算をした結果出れば、その部分は元金に充当されますから、多少の減額が発生するかもしれません。しかし基本的には元金の返済を引き続き行わないといけません。ただし今まで負担してきた利息の支払いに関しては免除されます。ところで返済計画ですが、どのようにして立てられるのでしょうか?

基本的には皆さんの毎月の収入がどのくらいかを聞いた上で、月々返済できる金額をシミュレーションしていきます。その上で返済計画を立てていきます。任意整理の中で、一つの目安になっているといわれているのが、3年間です。すなわち、現在抱えている元金を36回払いで支払うとしてどうなるかということをベースに判断されます。元金とその人の収入能力を考えた場合、3年間での返済が厳しいこともあるでしょう。その場合には、2年延長して5年間の返済計画で和解を提示するケースも出てきます。

中には5年間の返済でも難しいというケースも出てくるでしょう。その場合には、他の債務整理の方法で問題を解決していくことになります。他にも債務整理の方法はあって、個人再生や特定調停などもあります。特定調停は任意整理の裁判所で行うバージョンと言われていますから、活用は難しいでしょう。個人再生でも返済計画を立てることができないというのであれば、自己破産をするということになると思います。このように個々人のそれぞれの置かれている状況に合わせて、どの方法が最も合っているのかを弁護士や司法書士はいろいろと考えていくわけです。

詳細はこちらへ>>過払い金請求の弁護士費用『口コミランキング』