債務整理は弁護士、
司法書士に相談

債務整理の任意整理・問題解決までの期間は?

弁護士などに任意整理を依頼すると、貸金業者に対して受任通知を発送して、貸金業者から取引履歴を入手します。取引履歴をもとにして、利息の引き直し計算を実施して、余計に利息を支払った過払い金が発生していないかどうか確認します。そしてもし過払い金が発生しているようであれば、その分を元金から相殺ができます。この時点における債務額を確定するまでに、依頼してから1~2か月程度かかると思いましょう。

その上で債権者側に今後の返済計画を提示して、交渉を進めていきます。返済条件に納得いかない債権者がいれば、微調整をして納得できる計画に作り直します。もし双方納得できる返済計画になれば、和解契約を交わして完了という流れになります。この和解契約を作るまでに、だいたい3~4か月かかる傾向があります。しかし例えば借入先が少ない場合には、もっとスムーズに手続きを進めることもできるかもしれません。中には弁護士に依頼してから2~3か月で問題が決着したという事例もたびたび見られます。

ただし中には問題が長引くこともあります。たとえば強硬な債権者がいて、なかなかこちら側の提示した返済計画に首を縦に振ろうとしないケースも考えられます。また過払い金が発生していて、元金完済してなお回収しないといけない場合です。過払い金の返還請求には対応してくれる貸金業者が多いのですが、こちらの請求額よりも実際に返還する額を少なくしようとする業者も見受けられます。そうなると交渉がどうしても長引いてしまうのです。場合によっては4か月以上、中には半年ぐらいかかってしまうケースも稀ですがあります。

ただしこの任意整理ですが、債務者個人が交渉の場に姿を見せる必要はありません。すべて代理人の弁護士が担当をします。ちなみに任意整理の交渉の進捗状況ですが、弁護士に電話を入れることで確認できます。ですから多少交渉が長引いても、債務者の日常生活に大きな悪影響の及ぶことはないでしょう。

詳細はこちらへ>>過払い金請求の弁護士費用『口コミランキング』