債務整理は弁護士、
司法書士に相談

住宅ローン返済中のマイホームを残す債務整理

住宅ローンを抱えていて、生活費や子供の教育費などが原因でほかにも借金を抱えていて返済のやりくりが厳しいという人もいるでしょう。債務整理をしたいけれども、住宅ローンの残っているマイホームを手放すことになりはしないかと思って躊躇している人もいると思います。結論から言いますが、住宅ローンに手を付けることなく、すなわちマイホームを手放すことなく債務整理を行う方法もあります。

まず、任意整理による債務整理です。任意整理は債務者側と債権者側が直接交渉することで、今後の返済計画を進める方式です。この場合、あくまでも任意で債務整理ができるので住宅ローンを組んでいる金融機関を債権者側から外して、交渉することも可能です。つまり住宅ローンはそのまま温存され、マイホームを手放すこともありません。しかし任意整理の場合、過払い金が発生していればその分の借金は圧縮されますし、利息もゼロになることが多いですが、借金返済の負担はそれほど軽減されないことが多いと思います。

マイホームを手放したくない人におすすめの債務整理として、個人再生があります。個人再生では、住宅資金貸付債権という督促があります。住宅ローンをそのまま温存して、そのほかの借金を圧縮する債務整理になっています。ちなみに圧縮幅ですがかなり大きく、現在の住宅ローン以外の借金が1/5になります。この圧縮後の借金を3年間で返済できれば、残りの4/5の返済は免除されます。そして引き続き住宅ローンを返済していけば、今の生活を失う心配もありません。住宅ローン以外の借金の返済が家計を圧迫しているようであれば、個人再生による債務整理は検討してみる価値は十分あります。

その他による債務整理の場合、住宅ローンを整理対象から外すことはできません。よってマイホームを処分する形になります。ただし人によって置かれている状況も違ってくるでしょう。マイホームを手放して債務整理をした方が良い場合もありますので、弁護士などの専門家と相談して決めると良いでしょう。

詳細はこちらへ>>http://www.marcrettig.com