債務整理は弁護士、
司法書士に相談

債務整理の任意整理のメリットとは?

任意整理を行うにあたっては、通常、弁護士や司法書士に代理人の依頼をすると思います。この時、受任通知が債権者側に送付されます。この受任通知を受け取った債権者側は、これ以降、債務者に対しての借金の取り立てや催促の一切ができなくなります。これは貸金業法の中でも明記されていることです。執拗な取り立てや催促を受けてきた人は、その精神的なプレッシャーから解放され、平穏な生活を取り戻すことができます。

任意整理の場合、整理する債務を取捨選択できるのも大きなメリットといえます。例えば住宅ローンやオートローンを組んでいる場合、これを整理の対象にしてしまうとマイホームやマイカーを失うことになりかねません。そこで住宅ローンやオートローンがあればそれを外して、他の借金だけを整理するといったこともできます。

3つ目のメリットは、利息をゼロにできる点です。任意整理では債権者側と債務者側が交渉して、現行ではなく今後の新たな返済計画を立て直します。この時向こう3~5年で返済できるような計画を立てるのが一般的です。そして新たな返済計画案は、金利がゼロになることが多いです。元金の返済だけになりますから、大分返済の負担が軽減されます。消費者金融を利用していれば、年利18%くらいになっているはずです。この利息の支払いがなくなるのは、債務者にとってはかなり大きいと思います。

最後のメリットですが、利息の引き直し計算が行える点です。もしかすると借入先の中には、利息制限法の上限を超えるような条件で利息の取り立てを行っているところもあるかもしれません。そのような場合、過払い金が発生しますが、この分の返還請求ができます。ちなみに回収された過払い金は元金の返済に充当できるので、借金の返済額を圧縮できるかもしれません。ちなみに長期にわたって返済し続けている人の方が、過払い金の発生している可能性が高いです。中には過払い金で完済出来たとか、お金が多少戻ってきたというケースもあるようです。

詳細はこちらへ>>過払い金請求の弁護士費用『口コミランキング』