債務整理は弁護士、
司法書士に相談

結婚したい…債務整理の影響は?

債務整理をした場合、その後の人生に悪影響を及ぼすと思うとなかなか一歩踏み出せないという人もいるでしょう。たとえば結婚したいと思えるような異性に出会ったとします。しかし結婚するにあたって、過去に債務整理を行ったことが障壁になるのなら、手続きできないと思います。特にそのような恋人が今の段階でいれば、なおさらでしょう。

債務整理によって生じるデメリットの中の一つに、ブラックリストがあります。個人信用情報に事故情報が登録されて、クレジットカードを作ることや新規ローンを組むことが当面できなくなります。信用情報機関によって取扱いが変わってきますが、長くて10年、少なくとも5年間はこのような状態が続くと思ってください。しかし信用情報がブラック化してしまうのは、あくまでも当人だけです。結婚して籍に入った配偶者までもがブラックリストに登録されることはないです。たとえば配偶者がクレジットカードを持っていて、結婚したら急に使えなくなるということはありません。おそらく日常生活の中で、結婚しても過去に債務整理をしたがために日常生活で不都合の生じることはまずないと思ってもらって良いでしょう。

住宅ローンや自動車ローンを組む場合、当面、事故情報が抹消されるまでは利用できないでしょう。しかしその他に関しては、別に大きな問題は起こらないと思います。結婚前に債務整理をして、借金問題を決着させれば、相手にバレることもないでしょう。借金を抱えたまま結婚して、後々債務整理をすることになった場合、その手法によっては結婚前の借金が相手にばれて、夫婦生活に影を落とす可能性もあります。

ちなみに債務整理をしたことで将来子供ができた場合に、進学や就職に悪影響を及ぼすこともありません。先ほど紹介した信用情報ですが、一般的な会社が閲覧できるものではないのでまずバレる心配はないと思います。このようにして考えると、結婚前に処理できない借金があれば、債務整理しておくべきです。

詳細はこちらへ>>債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング