債務整理は弁護士、
司法書士に相談

債務整理・任意整理の相場は?

債務整理の中でも任意整理で借金問題を解決する場合、弁護士や司法書士に支払う報酬ですが、4つの項目に分類されます。それは着手金と基本報酬、過払い金返還成功報酬、減額報酬の4種類です。着手金とは初期費用のことだと思ってください。着手金ですが、15000円から2万円といったところが相場になるようです。しかし中には着手金無料としているところも見られます。弁護士よりは司法書士の方が無料としている所の多いような感じがします。

基本報酬は、借入先1社当たりいくらという形になります。借入先が多ければ多いほど報酬もかさむわけです。債権者1件につき2~3万円が相場になると思ってください。たとえば任意整理で債務整理したいと思っている債権者が5つあったとします。この時、基本報酬2万円の法律事務所で依頼をすれば、基本報酬は10万円となります。

過払い金返還成功報酬とは、利息の引き直し計算をした結果、過払い金が発生しているときに弁護士や司法書士は返還請求をします。もし過払い金を回収できれば、その成功報酬として一部を弁護士や司法書士に支払う必要があります。ちなみに変換できた金額の20%といったところが相場です。もし過払い金の返還請求をして50万円戻ってきたと仮定した場合、成功報酬として10万円を支払わないといけません。

任意整理の場合、過払い金が発生していると、まずその人の債務と相殺になります。その結果、債務額を減少できます。もしこのような借金総額を減少できた場合、弁護士や司法書士に対して減額成功報酬を支払う必要があります。こちらも減額に対するパーセンテージで決められることが多いです。相場としては、減額できた金額の10%を減額成功報酬として支払うことになるでしょう。しかし上で紹介した金額ですが、あくまでも目安にすぎません。事務所によりけりなので、相談をして依頼する前に、自分の場合任意整理をすることになればどの程度のお金が必要になるかをあらかじめ確認しておくと良いと思います。

詳細はこちらへ>>過払い金請求の弁護士費用『口コミランキング』