債務整理は弁護士、
司法書士に相談

家族に内緒の債務整理は可能か?

債務整理をしたいけれども、いざ実行に移す段になると躊躇してしまうという人は多いです。その理由はいろいろとありますが、家族に内緒の借金だった場合は多く見られるパターンだと思います。家族に内緒で借金をしてしまうと、打ち明けるきっかけを失ってしまいます。内緒で借金をしたことが原因で、ヘタをすると夫婦仲に亀裂の入ることもあります。ですから、債務整理を家族で内緒に行いたいと言ってくる人も多いようです。結論から言うと、債務整理の中でもどの方法で手続きを進めるかでリスクは異なります。

最も危険性が低いのは、任意整理だと思います。任意整理は債権者側と債務者側が直接交渉することで、今後の返済計画を考えていきます。ちなみに債務者側は弁護士に依頼をすれば、代理人としてすべて交渉を担当してくれます。債務者当人は交渉の場に出なくても構いません。もし弁護士に家族にばれないように交渉してほしいとお願いすれば、いろいろと対処してくれるはずです。たとえば電話による連絡は携帯電話にかけてくれるとか、資料や文書を渡すには郵送ではなく弁護士事務所に行って受け取るといった対処です。ですから家族に内緒で処理することは可能でしょう。

個人再生や自己破産で債務整理をする場合には、家族にバレる可能性は高まります。両方とも共通しているのは、裁判所で手続きをする点です。裁判所を通じて債務整理を行う場合、いろいろな資料を提出しないといけません。その中には同居している家族の給与明細とか家計表、源泉徴収票なども含まれるからです。つまり家族に協力してもらわないと、資料一式を集めることができないわけです。

借金問題ですが、正直に白状するよりも内緒にし続けてある日ばれてしまうときの方が、家族関係のギクシャクする可能性は高いです。自分ではどうすることもできない状態に陥っているのであれば、家族に借金をすることになったいきさつ、どのくらいの債務があるのかをすべて正直に話して、協力を求めた方が良いような気がします。

詳細はこちらへ>>債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング