債務整理は弁護士、
司法書士に相談

債務整理の任意整理をすると家族カードの取り扱いは?

家族カードは、まずクレジットカードを持っている本会員がいて、その家族に対して追加発行されるクレジットカードになります。家族もカードを使って自由にショッピングできますが、その請求は本会員に一本化されます。このため、家族カードは本会員に信用力が十分あるかどうかはポイントとなります。

もし家族カードを利用している人が債務整理を行ったとしたら、その人の信用情報はもちろんキズが付きます。ただし本会員に関しては、家族が債務整理を行ったことで信用情報に問題が生じることはないです。ですから本会員やそのほかの家族カードの所有者は引き続き、クレジットカードを使ってショッピングなりキャッシングサービスなりを受けられます。

では本会員が任意整理をした場合はどうでしょうか?この場合本会員の方の信用情報に傷がつきます。このため、本会員のクレジットカードは強制解約で使えなくなります。本会員のクレジットカードの枝葉として家族カードがありますので、家族カードもその人の信用情報に問題がなくても利用できなくなります。もし家族カードを持っている人で、仕事をしていて過去カードやローンで問題を起こしたことがなければ、自分のカードを作ると良いでしょう。

ちなみに信用情報は、それぞれ個人ごとに作成されます。もし債務整理をすれば、その人の信用情報に傷がつきます。しかし家族だからと言って連帯責任のように、自分の信用情報に傷がつくことはありません。ですから自分のクレジットカードを作っても、その人に信用力があれば、問題なくカードは発行されるはずです。

もし家族に内緒で借金をしていて任意整理しようとしているのなら、家族カードを渡している人は家族に事情説明をした方がいいでしょう。通常、任意整理は家族に内緒で手続きを進めることも可能です。しかし家族カードを渡している場合、突如としてカードが使用できなくなるので、そこで気づかれる可能性が高いからです。