債務整理は弁護士、
司法書士に相談

債務整理の任意整理のデメリットとは?

任意整理をすることでいくつかデメリットも考えられますが、その中でも大きいのは、信用情報機関に事故情報が登録されてしまうことです。よくブラックリストに載るという言葉が世間一般でも使われると思います。まさに事故情報の登録された状態を、ブラックリストに載るといいます。ちなみにブラックリストに載ってしまうと、クレジットカードを作るとか、新しくローンを組むことができなくなります。向こう5年から7年程度は事故情報が登録され続けるでしょう。

他の債務整理の中には、借金の減額や免責といった効果も期待できます。しかし過払い金が発生していれば話は別ですが、任意整理をしただけでは元本そのものを減額することはできません。任意整理後の返済計画では、利息はゼロになります。しかし元本そのものが減るわけではないので、それなりに返済能力を持っている人でないとなかなか利用できない手法と言えるかもしれません。これが任意整理の2つ目のデメリットです。

最後の任意整理のデメリットですが、強制執行の中断などはできない点です。たとえばすでに借金返済ができない状況に陥っていて、長期間にわたって延滞しているとします。この場合、債権者側は少しでも債権を回収しようとして、徐々に強硬手段に打って出てきます。具体的には給料の差し押さえなどの強制執行手続きをとる場合もあります。ここからあわてて任意整理をしても、強制執行を中止するだけの法的根拠は任意整理にはありません。今後交渉して、強制執行手続きをとった債権者側と和解できれば問題も解決するかもしれません。しかし任意整理をしただけでは、強制執行手続きを止めることはできないです。

このような任意整理にはデメリットもあるにはあります。でも返済できない状況に陥っているのであれば、債務整理をして借金の問題を解決することが優先されると思います。借金でどうにもならなくなっているのであれば、弁護士や司法書士に一度相談してみることをおすすめします。

詳細はこちらへ>>過払い金請求の弁護士費用『口コミランキング』