債務整理は弁護士、
司法書士に相談

債務整理で個人再生を選択した場合の弁護士費用は?

債務整理の中でも個人再生を選択する場合でも、弁護士もしくは司法書士のような法律の専門家に代理人を依頼した方がスムーズに進められます。弁護士や司法書士に依頼した場合、もちろん報酬を支払わないといけません。法律事務所によって料金はまちまちですから、情報収集をして最適と思われる人に代理人をお願いしましょう。一般的な傾向として、司法書士よりも弁護士の方が報酬は高めになると思います。

弁護士の場合、主だったところで着手金や成功報酬を含めて、総額50~60万円といったところが相場になるでしょう。もしマイホームを残すため住宅ローン特則を利用するのであれば、5~10万円程度先に紹介した金額に上乗せされるようです。ちなみに司法書士に依頼をした場合には、30~40万円程度が相場になると思ってください。だいたい弁護士と比較すると10~20万円費用を安く司法書士にはお願いできます。ただし先に紹介した司法書士の相場ですが、住宅ローン特則を利用しなかった場合です。住宅ローン特則を利用するのであれば、弁護士同様、多少金額の上乗せが行われると思った方が良いでしょう。

司法書士の方が安いので、司法書士に個人再生の依頼をしようと思う人も出てくるでしょう。しかし注意しないといけない点があります。司法書士が個人再生の申し立てを行った場合、地方裁判所によっては個人再生委員がすべての案件で選任するというシステムをとっているケースもあります。個人再生委員の報酬は申立人が負担することになります。

全案件選任されるとなると、司法書士の報酬とは別に20万円くらいの費用が発生してしまいます。弁護士の場合、地方裁判所によっては、個人再生委員の選任が必要なくなるところもあります。つまり安いと思って司法書士に手続きをお願いしたところ、逆に高く費用がついてしまうといったことも起こりえます。いくつか法律事務所を訪れ相談をして、料金のこともしっかり確認しておいた方が良いと思います。