債務整理は弁護士、
司法書士に相談

持っているクレジットカードは債務整理でどうなる?

社会人になって、クレジットカードを持った人も多いでしょう。カードがあればキャッシュレスでショッピングできますし、キャッシュバックポイントなどももらえるので利便性が高いです。ところで、もし借金が返済できなくなって債務整理の手続きをした場合、持っているクレジットカードは使用できなくなると思ってください。債務整理をすると事故情報が信用情報に登録されます。カード会社は信用情報機関で定期的に信用情報のチェックを行っていて、事故情報が発見されれば、カードの契約を打ち切ることがほとんどだからです。

どの債務整理の手法を使っても、最終的にはカードは使えなくなるでしょう。しかし手法によっては、即刻クレジットカードが解約されないこともあります。それは任意整理による債務整理です。任意整理は任意というだけあって、債務整理をする対象の債権者を取捨選択できるようになっています。つまり、もしクレジットカード会社を債権者から外した場合、信用情報機関の事故情報をチェックされることがなくなります。ですから、多少解約までのタイムラグが生じるわけです。

個人再生や自己破産を選択した場合、裁判所で手続きが行われます。この場合、すべての債権者が債務整理の対象になります。クレジットカード会社もその対象になるため、債務整理の通知が行き、その時点でクレジットカードは使用できなくなります。

カード会社では、有効期限の更新をする時に信用情報を確認する傾向が見られます。カード会社を外した任意整理の場合、この有効期限前後まではもしかするとカードは使用できるかもしれません。ただし、もし支払いを滞納してしまった場合、その時点でクレジットカードは使えなくなりますから注意しましょう。クレジットカードは事故情報がなくなるまで当面使えなくなります。しかしデビットカードと言って、カード決済と同時に口座引き落としになるカードであれば、事故情報が載っている期間でも使用できると思います。

詳細はこちらへ>>債務整理の無料相談が可能な弁護士、司法書士の口コミ評判ランキング