債務整理は弁護士、
司法書士に相談

債務整理の任意整理手続きをすると口座が使えない?

結論から言いますが、任意整理をした場合、使っている銀行口座が一時的に利用できなくなることがあります。そのケースですが、銀行カードローンを利用している場合です。弁護士や司法書士に依頼すると、受任通知が債権者側に送付されます。これを受け取った銀行は、口座を凍結して利用できない状況にしてしまうのです。銀行カードローンの残債と預金を相殺して、保証会社に代位弁済を請求するためです。あくまでもすべての口座が使えなくなるのではなく、任意整理の対象になったカードローンの銀行口座になります。

口座の凍結ですが、あくまでも一時的な措置です。銀行とそれぞれの事情によって異なりますが、早ければ1か月後、長くかかっても3か月もあれば凍結が解除されることになるでしょう。解除されれば、今までどおりに口座を利用できます。ただし給与振込口座が凍結されてしまうと、給与振り込みができなくなることも考えられますので注意しましょう。

任意整理は債務整理の中でも、整理の対象を自分の意志で取捨選択できるのが特徴です。ですから口座凍結で不利益をこうむりたくないのなら、銀行カードローンは整理の対象外にすることも可能です。どうしても銀行カードローンを整理の対象にしたければ、その対象の口座から預金をすべて出しておきましょう。

中にはクレジットカードの代金引き落としとか、光熱費の口座として利用しているケースもあるでしょう。もし任意整理をして口座凍結になってしまうと、カードや光熱費の支払いができなくなって、滞納扱いにされる可能性も考えられます。このような日常生活に支障をきたさないか確認をしたうえで、慎重に手続きを進めましょう。

任意整理は自分で行うことも可能です。しかし、むやみやたらに債務整理すると、上で紹介したような不具合が発生しかねません。そのようなリスクを考えると、弁護士や司法書士のような専門家のアドバイスを受けながら、慎重に手続きを進めていった方が良いと思います。