債務整理は弁護士、
司法書士に相談

債務整理にかかる期間

なぜ借入先が多いといけないのか

債務整理には任意整理や特定調停、民事再生、自己破産といった感じでいくつか異なる手法があります。このいずれを使って整理するかによって、かかる期間も変わってきます。任意整理は債務整理の中では比較的短期間で完了する手続きといえます。というのも債務者と債権者の直接交渉で、今後の返済計画を進めていくからです。早ければ3か月後、遅くても6か月後には決着がつくと思います。任意整理の裁判所バージョンと言われる特定調停に関しても、大体同じくらいの3~6か月が相場と言われています。

民事再生

民事再生は、マイホームを持っている人の間で注目を集めている債務整理の方法です。住宅ローンを抱えている人はそのままで、他の借金を大幅に圧縮できるスタイルです。つまりマイホームを手放すことなく、債務整理が図られます。民事再生の場合、1年程度の時間がかかると思っておきましょう。借金を1/5に圧縮して、向こう3年間で返済する方針となります。

自己破産

自己破産は、身の回りのもの以外の財産や資産をすべて処分します。それでもなお残った債務に関しては、免除されるというものです。借金問題で首が回らなくなった人の究極のリセット手段と言われています。自己破産は破産宣告を受け、債務の免責決定を受けるという2段階で手続きが行われます。だいたい返済不能と裁判所が破産宣告をして、さらに債務の免責が下りるまでに3か月くらいかかると思ってください。自己破産の申し立てをしてから、免責決定の通知が来るまで10か月から1年程度かかると思います。

相談だけであれば無料

期間も大事ですが、人によってどの債務整理で手続きを進めていくのがベストかは違ってきます。どの方法が自分にとって最善の策なのか、まずは専門家の意見を聞くことが先決だと思います。弁護士や司法書士のような法律の専門家に相談して、どの方法で債務整理を進めるべきか、アドバイスをもらいましょう。相談だけであれば無料という法律事務所も多いので気軽に相談できると思います。

詳細はこちらへ>>大阪で債務整理|評判ランキング

多重債務でも今すぐ抜け出せる

なぜ借入先が多いといけないのか

借入先が多い方は、将来的に返済が厳しくなる可能性が高いです。借入額が少なければ大丈夫と考えるかもしれませんが、そもそも複数社に申し込みをする理由は追加で借りたいからでしょう。追加融資を受けることが習慣化し、返済できない場合は他社ローンを利用すればいいと考えるようになったら危険なのです。何より借入先が増えるのに比例して、借金の把握が難しくなるでしょう。各社の返済シミュレーションも面倒になるなど、借入先が多くてよいことはありません。

債務整理で多重債務から抜け出す

多重債務の状態にあっても、確実に返済する自信があるなら問題ありません。しかし返済できるかどうか見通しが不明の場合は、一度弁護士に相談してみるのがいいでしょう。自分ではどうにか返済を続けていても、実は債務超過に陥っているケースはよくあります。借金は全額返済しないと終わらないため、少しずつしか返済できない状態は問題があります。今後の返済プランを構築するためにも、弁護士に相談して債務整理をするべきかアドバイスを受けましょう。

多重債務におすすめの任意整理とは

多重債務を解決する方法としてよく用いられるのが任意整理です。借入先の中には、どうしても整理せずに自分で完済したいローンがあるかもしれません。例えば、あと数万円で返済できる、また担保が設定されている、などのローンだとブラックリストに登録されると厄介です。任意整理が優れているのは、整理するローンを自分で選べることにあります。個人再生、自己破産だとローンを一括で整理することになります。借金の総額にもよりますが、まだ少ない段階なら任意整理が使える場合が多いです。

まとめ

多重債務に悩んでいる方は、債務整理をするべきかどうか早めに決めたいものです。いずれ行き詰まる借金ならば、今のうちに解決しておいたほうが後々のためでしょう。任意整理は一括整理を避けられる方法なので、担保・保証人などが付いているローンを除外したい場合に役立ちます。

一番利用者が多い債務整理とは

債務整理は債務者を救う

計画的に返済しているつもりでも、何かしらが原因で返済ができなくなってしまうことは少なくありません。そんな時には早めの債務整理がおすすめです。文字通り、債務を整理する方法ですが、弁護士や裁判所を介して行う法的効果がある手続きなので後々のトラブルを回避できます。債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産があります。債務者の条件に応じて選択できますが、このうち最もメリットが多いという点で任意整理がよく利用されています。

任意整理をするメリット

任意整理は、弁護士や司法書士に依頼することで債権者に借金減額の交渉をしてもらう方法です。原則として利息分の免除が可能となり、今後の利息分の支払いは生じません。よって元金のみを返していけばいいので、返済負担を減らすことができるでしょう。法律家に依頼した時点で返済義務は一時的に停止、財産の処分はなし、過払い金がある場合は返還してもらえるという利点があります。減額後は返済計画を練り直し、無理ない返済をしていけます。

特定調停でも利息免除ができる

任意整理と並ぶのが特定調停です。債権者に交渉し、利息分の免除してもらうという点はおなじですが、法律家に依頼せずに債務者自らが手続きを取ります。法律家に依頼しない分、費用がかなり安く済むというのが利点です。しかし、交渉術、時間、知識などが必要になってくるので費用を取るか手間を取るかで決断しなくてはなりません。殆どの方は任意整理を選択していますが、自信がある方、余裕がある方はチャレンジしてみるのもいいでしょう。

まとめ

債務整理の中でも最も利用率が高いのが任意整理です。比較的メリットが多く、スムーズな手続きが可能として知られています。債務者の条件に応じてどの整理方法がいいかは異なりますが、まずは任意整理を検討してみましょう。