債務整理は弁護士、
司法書士に相談

債務整理にかかる期間

債務整理には任意整理や特定調停、民事再生、自己破産といった感じでいくつか異なる手法があります。このいずれを使って整理するかによって、かかる期間も変わってきます。任意整理は債務整理の中では比較的短期間で完了する手続きといえます。というのも債務者と債権者の直接交渉で、今後の返済計画を進めていくからです。早ければ3か月後、遅くても6か月後には決着がつくと思います。任意整理の裁判所バージョンと言われる特定調停に関しても、大体同じくらいの3~6か月が相場と言われています。

民事再生は、マイホームを持っている人の間で注目を集めている債務整理の方法です。住宅ローンを抱えている人はそのままで、他の借金を大幅に圧縮できるスタイルです。つまりマイホームを手放すことなく、債務整理が図られます。民事再生の場合、1年程度の時間がかかると思っておきましょう。借金を1/5に圧縮して、向こう3年間で返済する方針となります。

自己破産は、身の回りのもの以外の財産や資産をすべて処分します。それでもなお残った債務に関しては、免除されるというものです。借金問題で首が回らなくなった人の究極のリセット手段と言われています。自己破産は破産宣告を受け、債務の免責決定を受けるという2段階で手続きが行われます。だいたい返済不能と裁判所が破産宣告をして、さらに債務の免責が下りるまでに3か月くらいかかると思ってください。自己破産の申し立てをしてから、免責決定の通知が来るまで10か月から1年程度かかると思います。

期間も大事ですが、人によってどの債務整理で手続きを進めていくのがベストかは違ってきます。どの方法が自分にとって最善の策なのか、まずは専門家の意見を聞くことが先決だと思います。弁護士や司法書士のような法律の専門家に相談して、どの方法で債務整理を進めるべきか、アドバイスをもらいましょう。相談だけであれば無料という法律事務所も多いので気軽に相談できると思います。

詳細はこちらへ>>大阪で債務整理|評判ランキング